定年制は「高齢者排除の論理」=自民執行部に異議−片山氏(時事通信)

 「議席激減で党が小さくなったときこそ、老壮青がまとまることが必要で、排除の論理はとるべきではない」。自民党参院選比例代表の「70歳定年制」を理由に、党執行部から公認見送りを伝えられた片山虎之助元総務相(74)は29日付の自身のブログで、納得がいかない心情を吐露した。
 片山氏は「特例で公認が認められるとみられた私も、今年に入って状況が変わるなど翻弄(ほんろう)され続けて、少々疲れた」と本音をぽろり。「わが国には現在、70歳以上の高齢者が2060万人もいて、その代表者がいる方が自然」と谷垣禎一総裁らの判断に異議を唱えた。 

【関連ニュース】
山崎氏らに非公認伝達=党結束へ「70歳定年制守る」
谷垣氏、遅過ぎた「指導力」=参院選で片山氏ら非公認
専門家委、来週中にも初会合=3プロジェクトチームも設置
地方からも招集可能に=「協議の場」で骨子案
名古屋市の住基離脱に反対=強行なら法的措置も

4分の1が「親族優先」希望=臓器提供、10日で700人登録(時事通信)
「小沢幹事長や鳩山がお騒がせ」首相が陳謝(読売新聞)
「大たこ」ピンチ 大阪高裁が土地明け渡し命令(産経新聞)
<将棋>久保、ゴキゲン中飛車 王将戦第2局(毎日新聞)
がら〜ん 関空にゴーストカウンター 減便響き閉鎖相次ぐ(産経新聞)
[PR]
by dycxzou5fs | 2010-02-01 21:16


<< 作家・佐々木譲 北方領土「2世... 負傷者7人に、1人は重体=川内... >>