負傷者7人に、1人は重体=川内原発点検中に火花−鹿児島(時事通信)

 鹿児島県薩摩川内市の九州電力川内原発1号機のタービン建屋内で点検中の作業員がやけどを負った事故で、同社は29日午後、負傷者は7人に上り、うち1人が重体になったと発表した。アース取り付け作業中に火花が発生したといい、県警や九電は7人が感電したか、この火花でやけどを負ったとみている。
 重体となったのは、作業請負会社の男性社員(29)で、ほかに九電社員4人を含む6人が重軽傷を負った。定期点検中で、放射能漏れや被ばくはなかったという。 

【関連ニュース】
川内原発で作業の3人重傷=点検中に火花
排出口に鉄さび、配管を逆流か=浜岡原発の放射性廃液漏れ
送迎バス突っ込み園児9人重軽傷=園長「ペダル踏み間違えた」
建屋内で放射能廃液漏れ=浜岡3号機、外部影響なし
出合い頭に車衝突、5歳児死亡=七五三詣で途中

15人がサイト利用料架空請求未遂の疑い(産経新聞)
小沢氏聴取、関与否定=虚偽記載「把握せず」−「裏献金は事実無根」・東京地検(時事通信)
景気判断、10地域で据え置き=雇用情勢厳しく−財務局長会議(時事通信)
「聴取後に小沢氏会見すべき」渡辺総務副大臣(読売新聞)
自民党 政治資金問題で決定打を欠き「戦う野党」見えず(毎日新聞)
[PR]
by dycxzou5fs | 2010-01-31 01:35


<< 定年制は「高齢者排除の論理」=... 爪切りで有罪判決、「傷害事件で... >>