衆院予算委スタート 「政治とカネ」問題で首相、「大変遺憾」(産経新聞)

 衆院予算委員会は21日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して平成21年度第2次補正予算案の基本的質疑を行い、与野党の本格論戦が始まった。首相は民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金規正法違反事件など「政治とカネ」の問題について、「新しい政治を起こしたいという思いで政権交代を実現したが、『またお金の問題か』と国民に疑いをかけられるのは大変遺憾なことだ」と述べた。

 首相自らの偽装献金事件については「国民に心配、迷惑をかけたことをおわび申し上げる」と陳謝。その上で「このようなことが二度と起きないように切磋琢磨(せっさたくま)しなければならない」と語った。

【関連記事】
衆院予算委 自民徹底審議「政治とカネ」追及
通常国会召集 冒頭から大荒れの様相 審議日程決まらず
小沢氏議員辞職を視野 自公、徹底追及の構え
小沢氏の説明に期待感 鳩山首相「大変望ましい」
小沢氏、事態沈静化に自信「形式犯なので…」

小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
元検事「全証拠検討した」=「無実の罪着せた」と菅家さん(時事通信)
<フォルクスワーゲン>2車種リコール 燃料漏れの恐れ(毎日新聞)
18年ぶり対峙「反省していないのですか」と菅家さんの声に、元検事は謝罪せず 足利再審(産経新聞)
衆院予算委、きょうから本格論戦 自民、審議応じ「ゆっくり追及」(産経新聞)
[PR]
by dycxzou5fs | 2010-01-25 21:35


<< 首相、週末は地方視察(時事通信) <雑記帳>早くも節分にちなんだ... >>