両さん像破壊で男を書類送検=マラカス見つからず−器物損壊容疑・警視庁(時事通信)

 東京都葛飾区亀有の商店街に設置されている漫画「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の主人公「両さん(両津勘吉)」の銅像が壊された事件で、警視庁亀有署は7日、器物損壊容疑で、先月21日に自首した会社員の男(23)=同区=を書類送検した。
 同署によると、容疑を認め、「酒を飲んで気分が高揚し、勢いで壊してしまった」と供述しているという。
 送検容疑は先月17日午前1時45分ごろ、マラカスを持つ通称「サンバ両さん」の銅像を両手で揺さぶり、左手部分のマラカスを折った疑い。
 男はマラカスについて「駅前の路上に捨てた」と話しており、同署は捜索を続けたが、発見できなかった。 

【関連ニュース】
「両さん像折った」男が出頭=器物損壊容疑で書類送検へ
「両さん」守れ!手には包帯=有志で夜間パトロール
「両さん」像壊される=東京・亀有、「残念」と商店街
〔地球の風景〕サンバの祭典へ準備着々=ブラジル

普天間問題 首相発言詳報(産経新聞)
「妊娠と薬情報センター」回答件数が1千件を突破(医療介護CBニュース)
電子書籍は本当に便利か 日本人は紙の本への愛着が深く…(産経新聞)
酒気帯び運転で車に衝突、炎上 女性は全身打撲 君津(産経新聞)
明細書の取り扱い、全医療機関で院内掲示を―厚労省(医療介護CBニュース)
[PR]
by dycxzou5fs | 2010-05-12 20:42


<< 女子生徒が中学校で転落 東京・... <愛知5人殺傷>めい殺害容疑で... >>